fc2ブログ

農民文学賞受賞 上士幌の荒井登喜子さん

第50回農民文学賞(日本農民文学会主催)に、十勝管内上士幌町で酪農を営む荒井登喜子さんの小説、「ドラマチック」が選ばれました。

道内在住者の受賞は35年ぶりだそうです。

受賞作は、結婚問題に悩む農業男性の苦悩を軽いタッチで描き、高い評価を得ました。

半世紀の歴史を持つ農民文学賞は、自然とかかわる人間の生き方などを描いた作品が対象となっています。
ということは、執筆者が必ずしも農業に携わっている必要もないし、農業に関するテーマの作品である必要もないわけですね。
でも、やはり、農民作家と言われる歴々が受賞しているようです。
道内からの過去の受賞者には、十勝出身の農民作家・故中紙輝一氏、山下惣一氏らがいます。

今回は、全国から、小説や詩、評論合わせて150点の応募があり、直木賞作家の伊藤桂一氏らが選考しました。
荒井さんの作品と、長野県の小林ぎん子さんの小説「心ささくれて」が受賞作品に選ばれました。

「ドラマチック」は、40歳を前に独身でいる農業を営む男性が、カップリングパーティで知り合った女性に農家だと言い出せないまま付き合い苦悩するけれども、相手の女性の明るさに救われるという物語。
過疎地の結婚問題を浮き立たせ、切なさが漂いつつも、ユーモアの混じった前向きな作品。

荒井さん自身も名古屋から農家に嫁いでいて、その体験も生かされたようです。

荒井さんは、現在、朝と夕方に牛の世話をしながら、3つの文芸誌に定期的に小説を発表しています。
文学賞受賞は初めてで、
「周りの農家にも独身の後継者が多いけれど、
思い切って進めば未来は開けるということを書いて
彼らを応援したかったので、受賞できて嬉しい」
と話しています。

農家の後継者問題は、日本の農業の将来の鍵を握る
大事な問題だと思います。

誇りをもって仕事に汗流す男性は、
いつか必ず素敵な女性の心を射止めるはず。

明日の日本の農業を担う人々が諦めずに
未来を切り開いていってくれることを、改めて願います。



blogrankingb

 ↑ ↑ ↑
お気に召しましたら、応援ポチッとお願いします♪

スポンサーサイト




[ 2007/03/06 08:00 ] がんばる北海道人 | TB(1) | CM(2)
なるほどと思いました
今度、自分のブログにも遊びに来てくださいね
http://daai23.blog5.fc2.com/
ご迷惑でしたらスルーしてください

失礼します。
[ 2008/05/18 12:40 ] [ 編集 ]
ハチミツは、ミツバチによって集められた草木の蜜のことです http://ball.thriftystmartin.com/
[ 2008/10/25 05:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://zoonews.blog94.fc2.com/tb.php/36-1567e6bb

「逆説シリーズ」第四作。とかく退屈で敬遠されがちな平安時代に綿密な考証を加え、数々の鋭い説を生み出している。「六歌仙=怨霊」説は話としては面白いが、この件は謎が多過ぎて説得力に欠ける。著者は紀貫之が六歌仙を定めたと書いているが、それでは古今集の序文で貫之
[2007/10/15 11:39] ほなみのブログ
便利なリンク集
クマくんをクリック♪♪

 

旭山動物園公式HP
ブロとも申請フォーム