fc2ブログ

雪あかりの路を照らすろうそくの物語 ~小樽

雪あかりの路というイベントをご存知ですか。

小樽出身の作家、伊藤整の作品にちなんだ、
小樽の冬の素敵なイベントです。

有名な運河の付近を中心に、
雪に埋もれた道をろうそくが照らし、
ただでさえノスタルジックな街を、
いっそう異国情緒豊かな雰囲気に包みます。

1999年に始まったこの風物詩も、
多くのボランティアによって
すっかり小樽の冬の一大イベントとして定着しました。

雪あかりのためのろうそくを大量に作り、
町内会や学校に配っている会社があります。
市内で葬祭業を営む「小樽典礼」です。

社員さんたちが普段の仕事着の黒服からエプロン姿に着替え、
この時期だけ会社は仕事の後
「キャンドル工房」になるのです。

今年で8年目。
イベント前の1ヶ月で毎年3千~5千のろうそくを
交代で仕上げるのだそうです。
宮下専務によると、
「僕たちにも何かできないか」
というのがきっかけだったんですって。

灯明として葬送に欠かせないろうそくを捨てずに集め、
空き缶に溶かしたろうを固めます。
芯がまっすぐの完成品になるまで、
試行錯誤の連続だったそうです。

「使い古しでも、仏様を送った灯。
手間かけてる分、持ちもいいし、
特別あったかいぞ」

今年の雪あかりの路は9日から。

ろうそくのやわらかな光が、今年も小樽のあちこちで揺れるのでしょう。



blogrankingb

 ↑ ↑ ↑
お気に召しましたら、応援ポチッとお願いします♪

スポンサーサイト




[ 2007/02/06 19:00 ] 冬のステキな北海道 | TB(0) | CM(1)
自動車車体(新車・中古車)を探すなら http://www.umaiumai.biz/101114/101115/
[ 2008/11/01 00:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
便利なリンク集
クマくんをクリック♪♪

 

旭山動物園公式HP
ブロとも申請フォーム