fc2ブログ

自閉症の男の子が、白雪姫にキス~室蘭

夕刊から拾ったお話です。



学園生をわが子のように慈しみ、「母」と慕われた27年間だった。
高校生以下のろうあ児らが暮らす室蘭市母恋(ぼこい)南町の室蘭言泉学園教員、山岸ひとみさん(49)が1月10日、急逝した。

凛とした立ち居振る舞いの人だった。
子どもの悩みに夜遅くまで付き合い、明け方近くまで仕事をした。
叱るときはまっすぐに目を見据え、自分の思いが届くまで根気よく諭した。
障害児教育に身を捧げ、生涯独身だった。

首の痛みを訴え、昨年12月上旬に入院、肺に悪性腫瘍が見つかった。
亡くなる2日前、子どもらの名前をうわ言のように呼んでいたという。

20~30代となった元教え子が全国から告別式に駆けつけ、思い出を語り合った。
「家の事情で帰省できない自分を自宅に泊めてくれたよ」
「愛知県まで出産の手伝いに来てくれたのに。一度も声に出して『お母さん』と呼べなかった」。
話す先から涙がこぼれた。

出棺の間際。
自閉症の6歳の男の子が、棺に横たわる山岸さんを
「見て、白雪姫だ」
と叫んだ。
キスして目を覚まさせようと必死に背を伸ばした。
「先生、起きて」。
泣き声が式場に響いた。


blogrankingb

 ↑ ↑ ↑
お気に召しましたら、応援ポチッとお願いします♪

スポンサーサイト



[ 2007/01/29 18:00 ] 北海道の泣ける話 | TB(0) | CM(0)
便利なリンク集
クマくんをクリック♪♪

 

旭山動物園公式HP
ブロとも申請フォーム