fc2ブログ

東京ミッドタウンで美の競演

東京・六本木の防衛庁跡地が再開発され、
「東京ミッドタウン」という複合施設が30日に開業します。

ここで常設展示される芸術作品に、
北海道ゆかりの美術家4人の作品も選ばれました。

特に、安田侃(かん)さんの彫刻は全体のメイン作品です。

エントランスプラザに置かれる
「妙夢(みょうむ)」(ブロンズ)
と、
プラザ地下1階の
「意心帰(いしんき)」(白大理石)
の2作品。

「東京ミッドタウン」のアートディレクターを務めるのは、
学習院女子大教授の清水敏男教授。

「安田作品はいちばん重要な位置を占める。
特に『意心帰』は重さ18,5トン。各作品の中ではいちばん重く、
地下にありながら天窓からの自然光で見られるようにした」
と話しています。

東京に行ったら、ぜひ見に行きたいです。

安田侃さんは、美唄市出身。

今はイタリア在住で、国際的に活躍中の彫刻家です。


「東京ミッドタウン」には、
国内外の有力美術家14人の作品19点が、
広場や建物内などに展示されます。

安田さん以外の北海道関係出品者と作品は次のとおりです。

・彫刻家の五十嵐威暢(たけのぶ)さん~滝川出身、神奈川県在住~
 
  空間に書を書くようなイメージの彫刻「予感の海へ」など2点。

・版画家の百瀬寿さん~札幌出身、岩手県在住~、

  和紙を使って色彩のグラデーションの美を表現。

・ガラス彫刻家嶋崎誠さん~埼玉県出身、釧路管内鶴居村在住~。

  繊細なガラス彫刻で、建築と調和したアート環境を実現。


安田さん、五十嵐さんの芸術は世界的に知られ、
2人の作品が一緒に大規模施設の主要アートとなるのはこれで3カ所目。

五十嵐さんは、
「私は新しい日本美に挑戦した。
安田さんとは同じ空知出身で、歳も同じ。
不思議なめぐり合わせです」
と話しています。



blogrankingb

 ↑ ↑ ↑
お気に召しましたら、応援ポチッとお願いします♪

スポンサーサイト



時雨音羽さんの「スキー」 文化庁「日本の歌百選」に

時雨音羽さん、と言っても、
「あ~、あの人ね!」
なんていう方はいないでしょう。

地元の人か、縁の人でもない限り。

だいたい、今の若い人たち、この歌さえ知らない人の方が多いんじゃないかな。
(って、私はもう若くない、ということが前提ですね、この文章は)

♪山はしろがね 朝日を浴びて
 滑るスキーの 風切る速さ


懐かしいではありませんか。

はい。
この歌の作曲者が 時雨音羽さん(1898-1980)です。

私も知らなかったのですが、北海道・利尻のご出身なんですね。

この曲は、1942年に作詞されました。
利尻島での思い出を歌っていることは、あまり知られていないそうです。

そりゃそうですよね、
関東の人ならば、
スキーといえば、長野とか新潟とかを連想するんじゃないでしょうか。
私も、その辺りの方が作った歌だと思ってました。

かつて利尻で消防長をなさっていた斎藤俊明さん(61)は、
1960年10月に時雨さんが詩碑の除幕式のために里帰りして、
地元の中学校で講演したとき、
「自宅のある新湊から約3キロ離れた沓形(くつがた)まで
母親とソリに乗って買い物に出かけ、
その道中で子ども達がソリ遊びなどをする情景をもとに
『スキー』を作った」
と話したのを覚えているそうです。

一方、時雨さんは、1966年1月に放送されたラジオ番組の中で、
「近所のかじ屋さんに作ってもらったスケート靴がよく滑り、
それが転じてスキーの歌ができた」
と語っていたとか。

いずれにしても、それくらい注目され、有名な歌だってことですね。

ちなみにこの文化庁の事業は
「親子で歌いつごう日本の歌百選」
といって、
公募の中から文化庁が選んだそうです。

って、知らなかった。

政府のこういう事業って、
もっともっと派手にやってもいいんじゃないかって
いつも思うんですけどね。
みんなが知ることができるように。

たまたま新聞の広告を見たとか、
たまたま役所に行ってポスター見たとか、
そういう人にしか知られないってのは、
どうかと思いますよ。

って、私も知ってたら、
ぜひぜひ応募したかった!
(ちなみに私が好きなのは、『雪景色』です。
さ~ぎ~り~き~ゆる、み~なとえのぉ~♪)

参加者にお金払う公聴会より、
どんどん宣伝して興味のある人を集める。
興味のある人たちは勝手に宣伝してくれる。

そういう時代なのに、残念ですよね。



blogrankingb

 ↑ ↑ ↑
お気に召しましたら、応援ポチッとお願いします♪

硫黄島で戦死したバロン西

「硫黄島からの手紙」に登場しているバロン西。

実は、馬術の名手としても知られ、1932年のロサンゼルス五輪の馬術で金メダリスト。

このバロン西を主人公にした小説があります。
城山三郎さんの「昭和の戦争文学第1巻 硫黄島に死す」(角川書店)

角川ヘラルド映画によって映画化されるそうで、
現在、脚本や出演者、ロケ地などが選定中だそうです。
年内にもクランクインし、来年か再来年に公開の予定。
「バロン西を通じて平和を問う作品にしたい」と、
製作会社は意欲を燃やしているみたいです。

バロン西は1902年、東京に生まれました。
39年から1年余り、軍馬補充部十勝支部幹部として、
北海道の本別町(十勝支庁)に勤務しました。
男爵の3男だったので、「バロン西」。

「硫黄島からの手紙」の感動を、新たにしてくれるのではないでしょうか。

なお、バロン西についての記事は、ほたるさんのブログに詳しいので、
ご一読をお勧めします。


blogrankingb

 ↑ ↑ ↑
お気に召しましたら、応援ポチッとお願いします♪



便利なリンク集
クマくんをクリック♪♪

 

旭山動物園公式HP
ブロとも申請フォーム